« あぐり新聞 10月号 | トップページ | あぐり新聞 12月号 »

2018年11月12日 (月)

あぐり新聞 11月号

皆様
 
 いつの間にか夏らしさは一掃されて、冬らしさばかりを感じる季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 今年最後の猛烈な台風は遠く離れていき、昨年のような水害に発展することはありませんでした。「もうこれ以上困らせないで」と、祈っていましたので 今は非常にホッとしているところです。
 松幸農産では11月に入り、小麦の種まきが始まりました。今年の10月は雨も少なく田面が乾いておりますので、例年にも増して準備が進み、いい形でスタートが切れました。逆に 悪天候での作業の遅れを想定して追加装備した機械は、活躍する場面もなく倉庫にたたずんでいます。準備をすると必要が無くて、準備をしないと必要になる。こんなことを繰り返して20年以上が経ちました。そろそろ、このガッカリ感に慣れなくては駄目ですね。
 
 さて、先日役場から呼び出しがありました。呼び出しと言っても何か悪いことをしたわけではなく、とある地域が今後の地域農業を一緒になって考えたいので、地域の生産者に集まってほしいというものです。
そこは 住民が多く農地面積が少ない地域ですが、離農が進んでいて地域の残った農家、大型の生産者など入り乱れて耕作がされています。 松幸農産も古くから借り受けて耕作しているので参加するよう呼び出されました。
 
 当日は 役場職員、県職員、地域の役員さん、生産者と総勢20名くらいでしょうか。話し合う内容も知らないまま指定された席に着きました。会で地域の役員さんが話されます。要約すると、「今後の地域の農地を守っていくのに、何人もの耕作者がバラバラの飛び地で耕作しているのは能率が悪いでしょう。ついては、各生産者が作りやすいように エリア分けを行い、効率化しませんか?」と、いうものです。
 
 言われるとおり、A、B、Cの生産者が10枚の田んぼを作っているとして、それらの田んぼは隣接することなく、バラバラに所在しています。各地主さんの希望(受け手の生産者の好き嫌い、条件、人間関係)によって 依頼先が違うからです。この申し出は私としては嬉しいものです。あっちへ行ったり、こっちから帰ってきたりでは効率とは程遠い。借りている農地が替わるので、今まで取り組んだ土づくりが無駄になってしまいますが、それ以上に今後の数十年間を考えるとメリットの大きい話だと感じました。生産者の何人かは私と同じように感じたはずです。
 
 しかし、そうでない方もたくさんいました。ある一人の方が発言します。「それはいいけど、それぞれ条件(賃料)が違うが、どう調整するつもり?」 すると 「それを話し合いたくて集まって頂きました」と、役員さん。ここが話し合いのキーだったようです。
つまり 農地が移動すると今までと違う生産者が耕作することになる。平等にするためには 条件を一つにするしかありません。でも、実際は賃料もバラバラで、これを統一するには誰かが必ず損(得)をします。その線をどこに設定するか話し合いたかったようです。賃料にはおおよその相場があって、どこも同じような賃料ですが、昔から近所付き合いの中で貸し借りを行っている生産者には また別の相場があります。その差は2倍くらい。この差を埋めることが本題でした。
 「高い賃料を下げて、下にそろえればいいじゃないか」 「それだけだと、地域が納得しません」 「賃料を上げろということか」 「どの程度なら可能か話し合いたいのです」 「そんなことしたら、うちが潰れてしまう」 「だから、歩み寄りを・・・」 「今すぐ排除してもらっても結構です!」と、話は一向に前に進みません。
 そんな中、私はどうしたかと言いますと、ただただ黙っていました。耕作面積は広げたいし、農地集約できれば楽になる。ただ 遠くない将来、今の賃料を維持できないと思っていますし、便乗して 「下げてください」 なんて無責任なことも言えません。また、賃料を上げられない現状をはっきりと理解しています。結局、何の結論も進展もないまま流会となりました。役場の職員さんが、「また話し合いの場を持てれば・・・」と まとめましたが、これは難しいでしょう。
 後日談ですが、地域の役員さんとしては 子の代、孫の代になって作る人がいなくなれば困るから 今のうち作りやすい環境を整えたかっただけでした。賃料の高低は避けて通れないけど、少しずつ着地点を探したかったようです。敢えて難しいことを承知の上で口火を切ろうとした善意なのだと理解しています。でも、難しいですね。
 どういう形がいいのでしょう。私としては、ある程度の規模の生産者が3つくらいで地域農業を守っていく姿が理想だと思います。1つだとリスクが高いし、今のようにたくさんいると競争力が足りません。今後、あるべき姿へと収斂していくと思うのですが、地域の分断が起こらないように合意形成を得て進めるには まだまだ何年もかかります。とにかく農業は時間がかかるものなのでしょうか。
                             農業生産法人 松幸農産
                             代表 松田丈輔
 餅の販売について
12月1日より年末恒例の「お餅」を搗きつき始めます。全て手作りのため待って頂くことや、作り切れず売り切れにすることがあります。できましたら、お早めのご注文をお願いします。
 
 中村さんが新聞で紹介されました。
高校卒業後 すぐに入社した中村菜美さん。今年で26歳になりました。女性ながら農産現場で働く姿が地方紙に紹介されました。なかなか美人な写真に仕上がって、本人はどうか知りませんが、私は非常に満足です。大切なスタッフの頑張りが評価されたようで非常に嬉しかったです。
Img159

|

« あぐり新聞 10月号 | トップページ | あぐり新聞 12月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505668/74585562

この記事へのトラックバック一覧です: あぐり新聞 11月号:

« あぐり新聞 10月号 | トップページ | あぐり新聞 12月号 »