« 2017年12月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年1月

2018年1月16日 (火)

あぐり 新聞

 

 

 

 皆様へ

 

 いよいよ年もあけて、新しい1年がスタートしました。皆様いかがお過ごしでしょうか。朝は太陽が昇り、夕方には沈んでいく。実は何も変わっていないのに、何だか全てがリセットされて、新たな希望に満ち満ちていくのは不思議なものです。「がんばろー!」と言われると、反射的に「そうだ、がんばろー!」と返してしまう。根拠がなくても、幸せな気分があふれていますよね。だから1月は大好きです。

 

 11月、12月と少雨だったので、松幸農産では例年にないくらい作業が進んでしまいました。麦の種まきなんて、12月の中旬には終わっていましたし、1月から行う予定だった鶏糞の散布も、あっという間に終わりました。後は稲わらが完全に土に返って、今年の養分になるのを待つばかりです。「この調子なら、今年は何かいいことあるんじゃないか?」そんな話で盛り上がります。新たに始まる30年産のコメ作りは期待大ですね!

 

 

 

 さて、代表の私が言うのも変ですが、松幸農産は本当にいい会社です。「お米が良いから」を一番に挙げたいところですが、実は違って「働いている人が良いから」が一番の自慢です。誰一人例外なく、みんな素晴らしい人ばかりです。一生懸命にはたらいてくれるのはもちろんのことですが、人間的に魅力があって、みんな仲良くて、仕事にまじめに向き合って、より良くするためにいつも考えてくれて、実行してくれて。そうしてお互いに頑張れることが何より幸せに感じます。こんな話をすると、「それは社長が良いから…」とお世辞を言ってくれる人もいるのですが、それは笑って完全に否定できます。そうではないですね。「みんな良い」いつもそう思います。土づくり、良いお米を収穫する工夫、新しい販売方法、お客さんが来てくれる努力、積極的なPRなど、小さいながらも本当に沢山の取り組みを行っていますが、すべてみんなの挑戦や苦労の上に成り立っていて、それらが少しずつ着実に実を結んでいって松幸農産の今があります。いつからでしょう?覚えていないのですが、自然発生的に積みあがってきたものです。「どうしてですか?」と聞かれれば、「働いている人が良いから松幸農産は良いのです」という答えしか見当たりません。何にも代えがたい松幸農産の自慢。それは「人」で、そういう人たちが作るお米であったり、ケーキであったり、運営する飲食店であったり、また受付や発送業務であったり、動物の世話だったりします。だから、松幸農産のお米はおいしいし、ケーキや食事なんかもおいしい。来ていただければ、なんとなく気持ちがいい、そんな風に考えています。でもなかなか伝わらないですよね。内部的なことですから。新年ですので「松幸農産の姿」をトピックにして何か書こうと思ったら、このことがスラスラ出てきてしまったので書くことにしました。皆様の持っておられるイメージと同じだったでしょうか?

 

 

 

 これからどれほど、AIの時代が来て業務が効率化し、機械やシステムが自動化して効率的になっていったとしても、結局すべて「人」が大事なのだと思っています。15年くらい前に教えてくれた人がいました。最新鋭の機械やシステムさえあれば何でも可能になると、そんな風に語られる時代でもあります。でも、前時代的であっても、少しくらい能率が悪くても、どこか「人間臭い」部分があったほうが良いと思われないでしょうか。ご飯は手作りがおいしいし、人とは会ったほうが楽しい。間違いないですよね。

 

松幸農産は小さな会社ですが、「人がいる会社」です。そんな人が、今年も一生懸命お米を作ります。新年を迎えて、思いは新たに、良さはそのままに頑張っていきます。

 

皆様にお届けする品物の後ろに、頑張るみんなの姿を想像して頂けますと嬉しいです。

 

 

 

農業生産法人 松幸農産

 

代表 松田丈輔

 

 

 

 日本酒プロジェクト 第2

 

 産官学連携の日本酒プロジェクトですが、新たに社団法人を設立しました。その名も、「一般社団法人 神都の祈り」です。なんか宗教法人みたいですが、伊勢神宮のおひざ元にできた組織ですので、これはお許しください。私たちの日本酒「神都の祈り」を中心に、参加組織を募りながら、次の展開をこれから考えます。そして理事長には私、松田が就任します!もう完全に「実権なしのお飾り」というか、「消去法の貧乏くじ」というか、2度もフランスに連れて行ってもらったので、断りきれずにやることになりました。でも、こちらも奇跡的に良い構成メンバーに恵まれたので、共に新しい挑戦ができればと思っております。形や方針が決まったら、またご報告させていただきます。

 

 

 

 スイーパーの件

 

 皆様、「スイーパー」って知っていますか?一度ネットで検索してみてください。手動の芝刈り機みたいな形で、それを押すだけで、ゴミがすいすい取れていきます。今までほうきと塵取りで1時間はかかった倉庫の掃除も、これ1台で10分で終了です。お値段は約5万円。「早く出会いたかった!」の声が続出です。本当に便利です。なんかテレホンショッピングの1シーンみたいになっちゃいました!

Img151

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年5月 »