« あぐり新聞 7月号 | トップページ | あぐり新聞 9月号 »

2017年8月 4日 (金)

あぐり新聞 8月号

皆様へ

 残暑厳しい折ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。この1か月で田んぼの風景も随分と変わりました。7月の初旬は一面、緑の草海原でしたが、8月上旬からは薄緑の未熟な穂が広がっています。これからどんどん穂が充実して、頭が垂れ黄金色に染まっていきます。雨不足で悩みぬいたこの一年、耐え抜いて旺盛に茂った稲穂。収穫がついに目前に迫ってきました。

 ところで皆さん、SNSはご存じですか。ソーシャルネットワークサービスの略ですね。私もうまく内容を説明できないのですが「つながりを作るためのツール」というように思っています。フェースブック、インスタグラム、ツイッター、ラインなどなど、これらを通じて個人間、企業間もつながりを持っています。私自身、未だスマホを持たず、ガラ携派ですが、松幸農産ではSNSを活用しようということになりました。

 先日、みんなで話し合っている時に「松幸農産もSNSを取り入れたらどうだろう?」という意見が出てきました。「もっと松幸農産を知ってもらえれば、もっとお客さんが増えるのでは?」という考えがスタートです。松幸米を食べて下さる方々、とりみそ家、しあわせ家に来て下さる方々、どんどん増えていけば嬉しいことです。聞くところによると費用は全くかからないとのこと。トランプ大統領のツイッター攻撃や、お笑い芸人のインスタグラムなどテレビでも話題です。「何か面白そう・・・」と思ってアイディアを出してもらうことにしました。

 「LINEで繋がって・・・」 「インスタグラムは少し・・・」 「フェースブックならうまく・・・」「今はツイッターが・・・」 それぞれのメリット、デメリットを話し合って議論は尽きるともなく続いていきます。私はというと「???」半分も理解できません。いったい何を言っているのでしょう?少しは知識があると思っていたつもりですがお手上げ!!これが正直な感想でした。

 「わからないけど要するに何をするの?」と私。「ですから、インスタグラムなら・・・」と堀口君。「僕はLINEを始めようと・・・」と寺谷君。同じ迷路に入ってしまいます。「その違いはいいから要するに何をするの?」もう、いい加減にしてほしいと思い始めています。そこで東さんから一言。「要するに写真を撮って、短い文章を書く、それだけさ!」ああ、そうなのか。これで少しわかった。聞けば日々の松幸農産で起こったことなどを紹介していくそうです。

 そこで次の疑問がわきます。「それでどうしてお米を買ってくれたり、お客さんが来たりするの?」と私。「いいねを押してくれると・・・」「友達に拡散して・・・」 システム的な話にまた混乱してきます。なかなか要領を得ません。そこで東さんから再び一言。「これは宣伝広告になります。それはいいこと」

 そんなこんなで松幸農産ではフェースブックを始めます。稲の成育状況だとか、松幸農産で起こったこと、イベントやお得情報などをタイムリーに出していきます。なにぶんまだまだ手探りでルール作りも同時に行ったりで歩みは遅いかと思いますが新しい取り組みとしてやってみます。少しでも松幸農産のことや特にそこで働くスタッフの頑張りを感じていただければ嬉しく思います。そして、そこから少しでもお米を買って下さる方が増えればやはりうれしく思います。是非見てください。

  http:/www.facebook.com/korekara.jp/

追伸

 今回は自分の不勉強を恥ずかしく思っています。時代の流れに乗れてないことも反省です。しかし、一方で私が知らなかったことを、松幸農産のみんなが考えてくれて、実際にやってみようとしてくれる姿が嬉しく思いました。一人の力はたかがしれてますものね。

                      農業生産法人 松幸農産
                             代表 松田丈輔

Img145

|

« あぐり新聞 7月号 | トップページ | あぐり新聞 9月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505668/71331570

この記事へのトラックバック一覧です: あぐり新聞 8月号:

« あぐり新聞 7月号 | トップページ | あぐり新聞 9月号 »